AURA

Architecture, Research

2015

東京藝術大学美術学部建築科北川原研究室の受託研究である革新的芸術文化都市の計画に関する研究(AURA - Alternative Urbanism Realized by the Arts)。 国内外の都市計画事例調査、新たな都市計画に向けた都市基礎調査・分析 を踏まえて、革新的芸術文化都市の計画手法を提示すると共に、具体的には上野公園一帯においてマスタープラン構想案の作成を目指した。 「上野の杜一帯」は都心部にありながら、様々な文化施設と緑とが集中しており、世界にも類のないような日本の芸術文化の中枢となる可能性をもった重要な地域である。今後芸術文化を骨格として、上野の杜を将来に向けてどのように位置付けていくことができるか、また、歴史を振り返り、世界的な芸術文化都市としての上野の杜が有する大いなる可能性や魅力をどのように発見することができるか、従来の方法にとらわれない手法を用いて探究していく。 研究室の学生と共に、基礎調査の結果を土台にしながら、そのような調査では扱うことの難しい五感に基づいた定性的な調査など、独自の視点による調査を行った。また、それらの研究をもとにイベントや展示、成果物として冊子の作成を行った。

目次
閉じる